寒い日や暑い日の葬儀は大変です

寒い日や暑い日の葬儀は大変です

 わたしが若い頃と比べると、夏の暑さが厳しくなってきたと思います。そんな中、昨年、わたしのおじさんに当たる人が8月に亡くなりました。わたしは、お通夜に参列したのですが、まず困ったのが服装でした。若いころに買った礼服は、半袖のワンピースとセットになっています。しかし、それを試着したところ、とてもじゃないが、暑くて着られないというのがわかりました。そして、急遽、近所のスーパーへ行って、黒い薄手のズボンと、黒い薄手の羽織を買ってきました。それを、手持ちの黒い半袖のカットソーと合わせたのでした。
 礼服ではないけれど、パールのネックレスとあわせれば、失礼はないと判断したのでした。会場で目立たない服装だったので、よかったと思いました。
 反対に、真冬の葬儀も羽織るものに困りました。黒いコートを持っておらず、黒いウールのブレザーを羽織ったりしたのでした。これも、ボタンが派手だとかいうこともなく、浮かない服装だったのでよかったと思っています。
 とにかく、こういった季節の葬儀は、服装で悩んでしまいます。
気になる方はいわき市 家族葬チェックです