司法書士会の無料相談

FXで起きる強制ロスカットとは?

FXは信用取引の為、証拠金として入金した金額の最大25倍までの取引を行うことができます。
問題が発生しましたらFX-Katsu吟味してみてください。
この何倍の取引を行うか決めるのがレバレッジです。
わからないことがありましたらFX-Katsuを比較してみてください。

 

例えば10万円を証拠金にして、25倍のレバレッジを掛けた場合、250万円分の外貨が購入できます。
何かありましたらFX-Katsu選びましょう。
この場合、購入した外貨に対する証拠金の割合は4%になる為、この分まで値下がりが起きてしまうと、強制的にその取引はストップさせられてしまい、全ての証拠金を失ってしまいます。そして、場合によっては更にマイマスが発生してしまう場合もあります。これが強制ロスカットです。

 

現在ではほぼ全てのFX業者でこの強制ロスカットを採用しています。これが無いと、値下がりが止まらない時にマイナスが増え続けてとんでもないことになってしまう為です。一種の安全装置だと表現していいでしょう。
ご参考までにFX-Katsuはいかがでしょうか?

 

上の例で、250万円分の米ドルを100円のレートで2万5千ドル購入したとします。(手数料などはここでは考えません)
このドルが96円まで下がると、4%の値下がりとなり、強制ロスカットになります。この時点でこの取引は強制的に終了となり、証拠金の10万円は全て無くなります。また、短期間に一気の値下がりをして、強制ロスカットが働く前に95円まで下がってしまった場合、1%分はマイナスとなり、借金になってしまいます。この場合の1%は2万5千円です。

 

このように、レバレッジを掛けたFXでは強制ロスカットという安全装置こそ付いていますが、それを突き抜けて借金を抱えてしまう可能性もあるということを理解しておいてください。
もし何かありましたらFX-Katsu見比べてみてはいかがでしょうか?